寅子のケーブルテレビのお店だより

リニューアル進行中★
  << September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
tagの映画日記@ノウイング

 皆様こんにちわ。時間が過ぎる早さに驚きを隠せないtagです。

 もう、2016年も半分が過ぎようとしています。ついこの間までは寒さに震えていたというのに、今は蒸し暑さに苦しめられています。

 放って置いても大丈夫だったスナック菓子も、湿気でパリパリ感が消え失せてしまいます…。大事な映画鑑賞道具が…!


 ちなみに、6月の事を「水無月」と言います。6月と言えば梅雨の時期ですね。逆に水は多いんじゃないの?と思いますが…。

 実はこの水無月の「」、無い、という意味ではなく「〜の」という意味で使われているそうなんです。つまり、水無月とは「水の月」という意味なのです。

 因みに、神無月(10月)も同様ですが、出雲では「神在月」と呼ぶ事もあるそうです。10月は全国から神が出雲に集まるそうで、出雲以外は「神無し」、逆に出雲には「神在り」となる事が由来だそうです。

 まぁ、諸説あるみたいなので、ドヤ顔で語っておきながら間違っている可能性もありますが(笑)


 さて、今回紹介する映画は「ノウイング」
 監督:アレックス・プロヤス(ダークシティ、アイ,ロボット等)
 出演:ニコラス・ケイジ(ウィッカーマン、ゴーストライダー等)


 まずは簡単にあらすじを紹介します。主人公、ジョン・ケストラーは宇宙物理学の教授です。ある日、彼の息子のケイレブは、通っている小学校でタイムカプセルを掘り起こします。

 そのタイムカプセルには、50年前の生徒が、50年後の未来を描いた絵がたくさん入っていました。しかし、ケイレブが受け取った紙は絵が描かれておらず、その代わりにびっしりと数字の羅列が刻まれていました。

 ジョンはその数字の羅列が、現在から過去50年の事故を予言しているものだと気付きます。そしてそれは、過去50年だけに留まらず、未来の出来事まで予言していました。


 この映画の見所ですが、「親子の愛情」にあります。主人公ジョンのとしての愛情。そして、としての愛情。見終わった後は心がきゅぅっと締め付けられる気分になりました。


 また、主人公のジョンは、事故で妻を亡くした、と言う過去を持っています。その事故も、ジョンの予言の中に組み込まれていました。それ故に、その予言を信じ始めます。

 もしその予言を手に入れるのが少しでも早ければ、妻は死ななかったかもしれない。ジョンはそう思わざるを得ず、少々苛立った態度を見せます。


 そんなノウイング、7月のムービープラスで本編放送致します!

 お問い合わせやお申込みは是非、お近くのケーブルテレビのお店まで!


 あの時こうだったら、と考える事は多いですよね。未来の自分がそう思わないよう、今を生きていきたいですね。よっ、良い事言った!

 ドヤ顔が治らないtagでした。


ノウイング|ムービープラス
| tag | 映画 | 17:14 | - | - |


CATEGORIES
LINKS PROFILE OTHERS