寅子のケーブルテレビのお店だより

リニューアル進行中★
  << August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
tagの映画日記@ファンタスティック・ビースト

 皆様こんにちわ。最近映画館に行くことの多いtagです。

 この2週間程で、映画を4本程見ました。見た映画は、2つですけど。えっ


 さて、今回おすすめさせて頂く映画はそのうちの1つ、『ファンタスティック・ビースト
監督:デビッド・イェーツ(ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団〜死の秘宝II迄、等)

 見に行ってきましたよ!2回!えっ

 ハリー・ポッターの世界が大好きな僕にとっては、続編が楽しみで楽しみで仕方ありません!


 ハリー・ポッターの舞台の約70年前、アメリカを舞台に、この物語は綴られます。

 イギリスの魔法使いニュート・スキャマンダー(演:エディ・レッドメイン)は、とある理由でアメリカへ訪れます。

 彼の持つスーツケースの中には、たくさんの魔法生物が入っていました。

 スキャマンダーは、ジェイコブ・コワルスキー(演:ダン・フォグラー)と言う恰幅の良い朗らかなノー・マジ(非魔法族)と出会います。

 コワルスキーはパン屋を開くべく、銀行へ訪れるのですが…彼らが持つスーツケースが全く同じだったのです!

 自分のバッグを開けたつもりが、数々の魔法生物を解き放ってしまうコワルスキー。

 元闇祓いのティナ・ゴールドスタイン(演:キャサリン・ウォーターストン)と共に、ニュートはアメリカの魔法界に忍び寄る""と元気な魔法生物達と戦います。


 ハリー・ポッターが大好きな人は勿論、ハリー・ポッターを知らない人にもお勧めできます!

 ですが!やはりハリー・ポッターを知っていればより楽しめるのは間違いございません!

 聞き覚えのある名前が出てきたり…イギリスとアメリカの魔法族の違いだったり…。

 例えば、イギリスの魔法族はマグル(非魔法族)の真似が下手くそですが、アメリカの魔法族はノー・マジ(非魔法族)の真似がとっても上手でした。(イギリスの魔法族は本当に酷いですよ。だって、老人がミニスカートを履いて、真似をしているつもりなのですから!)イギリスとは違い、アメリカでは(少なくとも作中の描写では)住む土地が分けられていないのです。隣を見ればノー・マジ。逆に、ノー・マジが隣を見れば魔法使い/魔女がいます。(そういえば、イギリスの魔法省職員の皆さんは真似上手でした。アメリカでも作中の舞台では、上手な人ばかりが出ていたのかも?)でも、そのくせアメリカの魔法族は「ノー・マジと結婚はおろか友人になること」が法律で禁止されています。ニュートからすれば時代遅れの法律ですが、舞台となったアメリカでは非魔法族との戦争が危惧されていて…仕方ないのかもしれませんね。当然、イギリスではマグルと魔法族の婚姻は認められています。(穢れた血、等と言って蔑む心無い人間がいるのは否定しませんが)そんな訳で、作中で最も出てくる魔法の呪文は忘却術"オブリビエイト"ではないでしょうか。魔法族と非魔法族が接触した時、必ず"使わなければならない"魔法です。ハリー・ポッターでの初出は、秘密の部屋、でしょうか?闇の魔術に対する防衛術の先生、ギルデロイ・ロックハートが最も得意とする術ですが、アメリカの魔法族は最も重要視する魔法のはずです。また、非魔法族の呼び方の違いだけでも、ファンとしては心躍りました。こんな些細な事で、あぁここはイギリスじゃなくてアメリカなんだ、と意識付をさせてくれます。

 と、まぁこの様に、ハリー・ポッターを知っていれば何倍も楽しめる、はず、なのです!今の誰が読むんでしょう


 さてさて、ファンタスティック・ビーストは是非劇場で見てもらうとして…ハリー・ポッターは、自宅で見て頂けますよ!

 12月のスターチャンネルでは、ハリー・ポッター全作品を放送します!

 BaycomTV加入者様は月額に+2484円で映画が見放題!BaycomTVはインターネット、電話とまとめると更にお得に!

 お問合せ、お申込みは、お近くのケーブルテレビのお店まで!


 通算で三回目のハリー・ポッターおすすめ…。ファンの方は、ご契約おすすめです!

 上の文章では一切触れてこなかった人物が一人います。

 大魔法使い、ゲラート・グリンデルバルド早口で言うと気持ちいいですよ

 彼の動向にも、ご注目を…。

ハリー・ポッター|スターチャンネル
| tag | 映画 | 12:51 | - | - |


CATEGORIES
LINKS PROFILE OTHERS